パソコーダ-  分取LC用パソコンデータ処理装置

分取LC用機器専門メーカ
シマムラテック社製
パソコーダー  分取LC用データ処理装置

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%80%e3%80%80%e3%80%80h28-11-17

革新的データ処理装置として再デビュー

パソコーダーとはパソコンとレコーダの合成語で文字通り当初レコーダ機能をパソコンで代用させたことに始まりました。
以後インテグレータ機能を付加して高機能な使い易いデータ処理装置にグレードアップしました

パソコーダの特徴は下記の通りです。

〇 感度(縦軸)の上げ、下げ
〇 チャートスピード(時間軸)を早く、遅くする
〇 ベースラインの移動
〇 オートゼロ
〇 
マーカ信号の表示

特にフラクションコレクタ等のマーカ信号を表示できることは
分取LCデータには欠かせない必須事項です。

 

旧来のデータ処理装置から比べると上記特徴以外に例えば
2CH同時取り込み(UV検出器、RI検出器)して各々過去のデータ含め計4データを同一画面表記して比較できます。

%e3%83%91%e3%82%bd%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%80%e9%87%8d%e3%81%ad%e6%9b%b8%e3%81%8d%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%80%80h28-12-30

 

 

先進の分取LC用独自オプションソフト 

〇 GPCリサイクル分取シミュレーションソフト
  (何回リサイクルすれば分取可能なのかをシミュレーションし算出いたします)

〇 混合溶媒適正比率計算ソフト
  (シリカカラムによるリサイクル分取 クロロホルム/ヘキサン混合溶媒の適正比率を
算出します。下図は同じサンプルでも適正比率の場合の例を示しています)

 

 

パソコーダ仕様
 100V 2CH 入力±1V マーカ出力 フラクションコレクタとの信号入出力 リサイクル信号出力
(パソコーダーをリサイクル分取装置、フラクションコレクタに接続して、自動化に向けて貢献します)

パソコン仕様
Windows7以上のOS   メモリ4G以上推薦 ハードデイスク200G以上の空容量
Framework4必須
Excel2003以上
RS232Cが使用できる条件が整っているPC